準備しておきたい葬儀用ハンカチ

###Site Name###

葬儀のために特別にハンカチを用意している人は少ないのではないでしょうか。
葬儀を予想していない場合はもちろん、葬儀があることを予想していた場合でも、服装、鞄、靴は必要だと思っているから準備しているけれど、いざ出かける段階になってはじめて「そういえばハンカチ。

どんなものを持っていけばいいのだろう」と気がつくものです。

そして、持っていってもいいような派手でないものを引き出しの中から探すのです。

無地であればハンドタオルでも構いません。

他人のハンカチの柄まで気にする人はあまりいないかもしれませんが、明るい色合いのものを出してしまうと、黒ばかりの服装の中で目立ってしまいますね。


涙を拭いたり、お焼香の手を拭いたり、ご遺族の前で取り出す機会は少なくありません。



もし明るい色のハンカチをご遺族がみたら、いい気持はしないでしょう。
葬儀用ハンカチはデパートでも販売されているので一枚用意しておくと便利です。

基本的には黒、白の他、無地であれば紺や薄い水色などの落ち着いた色でも良しとされていますから、特別に葬儀用でなくても無地の一枚を持っておくのも良いでしょう。

レースがついているとするならば、控えめなものにすることです。

それならば冠婚葬祭でなくても、その他の儀礼的な場で使うことができますよね。

フォーマルな場は、きちんとしたものを揃えて落ちついて堂々としていたいですね。



持ち物ひとつでその落ち着きは得られるのもなのです。



男性は、スーツの胸ポケットに入れることは無地であってもNGです。
気をつけたいですね。