今フリーランスが活躍しやすい訳

フリーランスというと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
デザインやプログラミングなど、一芸を生かして稼いでいる。

組織や時間に縛られる事なく働いている。

何となく生き生きとしている。

産経ニュースに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

このようにポジティブなイメージをお持ちの方も多いと思います。

逆に本当にフリーランスで稼げるのか、といった懐疑的な目線の方もいる事でしょう。

かつてはフリーランスで仕事を得ていくためには、仕事を発注してくれるお客様とのつながりが非常に重要でした。



それまで勤めていた会社での人脈や友人、知人からの紹介など、ある程度見込み顧客がいなければフリーで独立など考えられませんでした。

しかし現在ではインターネットを介して、仕事をしたいフリーランスと、仕事を発注したい顧客とを結ぶマッチングサービスが充実してきています。こうしたサービスを利用すれば、面識のないお客様だろうと、縁もゆかりもない遠隔地のお客様だろうと全国、それどころか全世界からの受注も可能なのです。

もちろんだからといってお客様とのつながりが必要ない、希薄でもかまわないという訳ではありません。
しかしもはや以前のように、人脈がなければ独立できないといった時代ではありません。

さらにネットの登場は広告宣伝費を劇的に安くしてくれました。

ホームページ、ブログ、SNSを活用すれば、低価格でありながら全国に、全世界にアピールする事も可能です。
さらに最近ではチラシなどもネット注文で、従来よりも格安で用意できます。まさに今の時代はフリーランスが活躍するのに適した時代なのです。

フリーランスの情報を探すならこちらです。